気がつけば6月

子供の歯 comments(0) - ここ歯科 森院長
おはようございます、
ここ歯科の森です。

今年も早いもので6月に入りました。
ここ歯科は平成14年6月に開院しましたので15周年。
16年目に入りました。


長かったような早いような、
自分も歳を取ったなと思います。

このままこの地であと25年を目標にして頑張りたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します。



最近は学校や幼稚園での健診後の受診も多いです。

子供の乳歯は、出来るだけ治療を必要としないような予防が1番大事です。
そして麻酔をするような痛い治療を出来るだけ避けること、二次齲蝕になりやすいコンポジットレジン修復は極力しないこと、などがここ歯科の乳歯に対する治療方針です。
乳歯は弱い歯です。
そして生え変わる歯です。
永久歯と同じ治療にはなりません。
最終的にうまく生え変わる時期まで管理していくというのが理想と考えます。
そしてその中であまり痛いとか怖いとか歯科治療への恐怖を記憶づけないことも大事かなと思っております。


虫歯の原因は糖分のダラダラ摂取が1番なりやすいです。
飴やキャラメル、ペットボトルのジュースなど、少しずつ長い時間摂取していると、口の中が酸性になり歯が溶けます。
これは大人も同じです。

水分摂取は水かお茶が原則です。

ジュース、スポーツ飲料などでチビチビ水分補給は虫歯や歯周病になります。

気をつけてくださいね。
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM