高額医療費の上限14000円とは

歯の治療方法 comments(0) - ここ歯科 森院長
おはようございます、
ここ歯科の森です。

皆さまお元気にお過ごしでしょうか。

気がつけば5月はブログ更新なしでした。

GWあけて診療に集中するとあっという間に6月ですね。
時間が経つのは早いです。
最近白髪が増えました。笑

先月から集中的に歯を治される70歳以上の方がたくさんいらっしゃいました。
通常、前歯に白い歯を被せる治療は3割負担だと保険の負担金が一本1万円くらいかかるわけなんですが、高齢者保険証の方は高額医療費の上限があるので2割負担や1割負担の方ではまとめて同月内で治すと負担金全額ではなく上限の14000円くらいで全て治すことが出来ます。
例えば前歯から小臼歯まで8本白い歯を被せてさらに奥歯4本を金属冠を被せる場合、3割負担だと負担金は12万円くらいになるかと思います。
2割負担だと8万円、1割負担だと4万円ということになりますが、これを全て同月内で治療を済ませると、人によりますが、14000円という高額医療費の上限の負担金で済ませることができるのです。
これは大変お得で日本の素晴らしい保険制度と言えるでしょう。

ですから患者様が急いでいない限りは、歯の型を取るのを月初にして全てまとめて治療するようにしています。

今月は上顎に11本の歯を被せて、下の入れ歯もまとめて作成するなどの治療も行っております。

税金や保険料を長い間たくさん納めてきた方は、是非歯の集中治療で日本の保険制度の恩恵を受けてみてはいかがでしょうか?

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM